スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/9(火)大引 貴金属・石油市況

9日大引:
金・白金続落。金は3,000円を挟んでの動きドルが重く円高に振れた事から小幅続落となった。白金は株式市場の一服感や為替の動向などから売りが先行し3800円台まで売られたが引けには3900円台を回復。

東京石油市場は3商品共に反発。前半はまちまちの値動きとなったが時間外の上伸などを受け買いが入り反発して引けた。
(お取引に関する最終決定は、お客様ご自身でされますようにお願い申し上げます)

9日終値:
東京金
10/04
3016(-20)

東京白金
10/04
3909(-57)

東京ガソリン
09/12
50740(+500)

東京灯油
09/12
53150(+730)

東京原油
09/11
42870(+910)

ドル・円
(15:32)
98.05-07
スポンサーサイト

5/1(金)貴金属・石油寄付市況

1日大引:

金は小動き・白金は当限を除き小確り。金は海外市場での投資家心理がブル気味みなりつつあることから金市場より他市場への資金移動が行われ円安を受けても上値は重い。白金は為替の動きを見てここ数日の下げに対する買戻しが入り小確り。

東京石油市場は原油安・ガソリンまちまちの灯油高。石油市場は方向感無く推移した、米国
経済のストレステスト発表の遅れや先行き不透明の見方から小幅な値動き。各商品とも穀物を除き連休前に積極的な仕掛けは見られなかった。

(お取引に関する最終決定は、お客様ご自身でされますようにお願い申し上げます)


1日:終値

東京金
10/04
2828(-2)

東京白金
10/04
3529(+26)

東京ガソリン
09/10
39010(+100)

東京灯油
09/11
39940(+440)

東京原油
09/09
31710(+140)

ドル・円
(15:31)
99.38-41

5/1(金)大引 穀物・ソフト市況

1日大引:

東京大豆は、大幅続伸。シカゴ大豆が30日期近2本が引値ベースで年初来高値を更新するなど期近主導で続伸したことや円安が重なり、大幅高で寄り付いた。その後夜間取引の反落により上げ幅を削る場面もあったが、円安を維持したことや、夜間取引が底堅さ、5連休を控えたポジション整理で買い方有利となり、一般大豆の8月限、Non大豆では12月限がストップ高で引けるなど後場は一段高となった。

東京コーンは大幅続伸。円安に振れた上、30日のシカゴで期近の主要限月が上伸したことに支援された。また、期近が商社の買い戻しで急伸したことで、全体が支えられて、軒並みストップ高で引けた。

東京コーヒーはアラビカが総じて小幅続伸、ロブスタは先限が変わらず。

東京粗糖は、軒並み大幅続伸。


(お取引に関する最終決定は、お客様ご自身でされますようにお願い申し上げます)



1日終値:

東京とうもろこし
10/05 後5
21870(+1000)

東京一般大豆
10/04 後3
40820(+1710)

東京NG大豆
10/04
50160(+1650)

東京アラビカ
10/03 終値
19570(+50)

ドル・円
(15:58)
99.02-05

7日寄付:
東京貴金属は総じて下落。金はNY市場で手じまい売りが出て下落した流れや円高を受けて売優勢となった。白金もNY安を受け反落。

東京石油市場は急反落。NY原油が株安や対ユーロでのドル高などを受けて大幅安となったことやドル・円相場が円高に振れたことから、原油、製品ともに売りが先行した。

(お取引に関する最終決定は、お客様ご自身でされますようにお願い申し上げます)

7日始値:
東京金
10/02
2830(-50)

東京白金
10/02
3696(-59)

東京ガソリン
09/10
45330(-920)

東京灯油
09/10
44330(-800)

東京原油
09/09
34040(-1100)

ドル・円
(09:10)
100.44-45

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 10秒で読める本日の商品市況(UHG) All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。