スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/31(木)大引 貴金属・石油市況

31日大引:
金・白金小安い。NY市場はドル高や原油安などを受け売られたが国内市場は時間外取引の上げや円安などを背景に大きな値崩れにはならなかった。白金は世界的な自動車販売不振や小型車への乗り換えなど白金需要が減少するのではとの見方から売られたがこちらも円安や夜間高等で下値から値を戻して引けた。

東京石油市場は原油・ガソリン大幅反発・灯油も確り。海外市場が予想外のガソリン在庫減少やテクニカル的に売られすぎ感から買われた流れを引き継ぎ国内も反発した。

(お取引に関する最終決定は、お客様ご自身でされますようにお願い申し上げます)

31日始値:
東京金
09/06
3196(-12)

東京白金
09/06
6057(-14)

東京ガソリン
09/02
H 90480(+2700)

東京灯油
09/02
103970(+1270)

東京原油
08/12
84250(+2230)

ドル・円
(17:31)
108.17-18

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 10秒で読める本日の商品市況(UHG) All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。